2012年05月27日

優等生以上、フリョー未満な俺ら。第01巻/初美 陽一

優等生以上、フリョー未満な俺ら。 (GA文庫)優等生以上、フリョー未満な俺ら。 (GA文庫)
初美 陽一 さくら ねこ

ソフトバンククリエイティブ 2011-10-17
売り上げランキング : 88227

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


フリョーメシア!

 荒鞍悠馬(あらくら ゆうま)はフリョーだ。クラス委員で授業のノートもきっちり取り、黒板消しも忘れないが、きっちりと『自称』不良だ。己の信じる不良道を行こうとしている悠馬に、なんと舎弟――ならぬ舎妹(しゃまい)が出来て!? 第3回GA文庫大賞奨励賞受賞作品!


 うーん、普通よりちょっと面白いぐらいかなぁ……。

 とりあえず言いたいのは、
「ししゃもさん可愛い」
どーん。
119ページの挿絵なんてたまらんですよ! さくらねこさんいい仕事してるぅ!

 内容はシンプルです。
幼なじみの真理亜、悠馬を更生させるためにレディースに入る。委員長に悠馬迫られる。悠馬、絡まれている後輩の女の子(姫子・表紙の子)を助けたら舎弟ならぬ舎妹になってもらえた。そして女子たちは三すくみの状況に……。→悠馬の友人の翔が不良女子、通称「ししゃも」に追いかけられている。どうやらししゃもは以前窮地を翔に救われて以来、翔に惚れたらしい。みんなで仲良く昼食を食べたりする。ただし、ししゃもの作る料理は劇物。→クレープ屋に行こうとする自称不良たち。しかし、クレープ屋の前には本物の不良たちがいて近づけない。不良たちはどうやら「ししゃもを倒したら自分の女に出来るらしい」というツイッターでの噂を耳にして、ししゃもを狙っているらしい。とりあえず、「ししゃもはもう翔に倒されたんだよ!」と噂を上書きすることに。ちなみにクレープは食べられず。この後も数度クレープを食べられない描写あり。→ししゃも、姫子たちに料理を習って上達する。翔とデートして、いい雰囲気に。しかし翌日――いきなり悠馬の元にししゃもが乗り込んできてパンチを喰らわせる。理由を聞くと、翔が悠馬に襲われたからだと言う。→それは「ししゃもに勝ったら自分の女に出来る」との噂を流した隣町の不良の仕業で、ししゃもを単騎にした上で自分たちで仕留めようとする。それを知って駆けつけた真理亜に姫子に――美味しいところで現れた悠馬。悠馬は敵方の頭(ヘッド)をタイマンで倒す。「俺の喧嘩の勝率は5割だ。だがなあ! それは女子相手も含めての5割なんだよおぉッ! イコール、男相手には負けなしってことだ!」と叫ぶ悠馬、カッケー!!→そして最後はやっとみんなでクレープを食べれて良かったね!

 勘違い系ほんわか不良風味青春ラブコメ……なんですが、苦言も少々。
・なんで委員長は登場していきなり悠馬に好感度MAXなの? その理由がわからなくて怖い
・真理亜のレディース入りした経緯が知りたい。勘違いにもほどがあるだろ。
・姫子がクオーターだからって、「だから姫子、桃色の髪の毛なんですぅ!」は現実的にねえだろ。突っ込めよ。
・悠馬の母親のレディース歴とか必要だった? あの一枚だけ残されたという写真もなんの伏線にもなってなかったし……。

 本当は星3つ★★★☆☆ぐらいなんですが、229ページの悠馬の挿絵がマジでカッコよかったので、星4つ★★★★☆に。はい、そこ。「上条さん……」とか言わない。
でもやっぱり、「ライジン×ライジン」よりは断然面白かったです。

posted by mukudori at 20:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

木崎くんと呼ばないで!/長物 守

木崎くんと呼ばないで! (GA文庫)木崎くんと呼ばないで! (GA文庫)
長物 守 みけおう

ソフトバンククリエイティブ 2012-05-15
売り上げランキング : 7074

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


木崎くんと呼ばないで

 木崎湧(きざき ゆう)はこの高校の「三大巨頭」と呼ばれる超モテ人間の一人だ。一年中ジャージな彼女は「ジャー様」と呼ばれ、女子の間では「彼氏にしたい女子ランキング1位」らしい。だが、俺は見てしまう。放課後の下駄箱の前――ジャージを脱いで制服を着て、ラブレターを手にしている彼女の姿を――。第4回GA文庫大賞奨励賞受賞作!


 うん、なかなか面白かった!
木崎くんのキャラ設定がいいですね。
漢らしい女と書いて、「漢女(おとめ)」と読むww

 内容は単純です。
 ギャルゲーマニアな主人公が放課後、「三大巨頭」の一人である「宮様」の下駄箱の前でラブレターを持っている木崎くんを見つけてしまう。→どうやら木崎くんは、この前宮様(身長以外はパーフェクトなお坊ちゃま)に柔道で組み伏せられて女の子扱いされて以来、宮様のことが気になって仕方ないらしい。それを主人公に看破され、手助けを求める。→主人公たち、色々と木崎くんが「乙女道」を極めるために画策する。主人公と一緒に疑似デートしたり。女の子らしい服を買ったり。宮様とサッカー部の助っ人に入って相棒関係になったり。→木崎くん、とうとう告白する。だがしかし、宮様の「うん、木崎さんはいい友達なんだ」という言葉の前にあえなく撃沈。主人公、そんな天然の宮様に怒り、決闘を申し込む。→柔道の試合で、主人公は何度も宮様に倒される。しかし何度でも立ち上がる主人公。最後は主人公の足関節固めで勝ちました! これまで色々と画策してきたことも全部ばらして、主人公と宮様は一旦喧嘩しますが、殴り合いという漢同士の友情を深めてハッピーエンド! ちなみに木崎くんは恋に吹っ切れました!

……というお話です。
告白からの後半が燃えましたね。
いやー、喧嘩でワンパンで友情っていう、テンプレだけど男同士の友情っていいよね!
え、木崎くんはどうしたって?
それはですね……絵師さんが全て悪いんですよ!
序盤で「ジャー様は男っぽい微乳でモデル体形」って描写しているのに、長髪でこの胸(表紙参照のこと)。
絵師さんの悪行は他にもあります。
P139の「スリットの入ったチャイナドレス」ってあるのに、どう見ても怪しい笹スカートです。本当にありがとうございました。
P158! 「牛乳瓶と携帯を両手に銭湯の浴室」って、そんな盗撮に使われるかもしれないようなところで携帯使えねえだろww おっと、これは作者先生も悪いですね。

……とまあ、元の文章をまったく読んでいないかのような、絵師さんが好き放題やってくれた乱舞のお蔭で木崎くんのイメージが頭の中で固まらないんですよね。

 あとはいらないキャラが多過ぎるところでしょうか。
ネーナとかシャンレイとか妹とか別に要らねえだろ。
単なる、イベント製造機にしかなってないんですよね。
そして判子絵だし……。

 ただし、ところどころに挟まれたちょっとしたパロは面白かったです。
 木崎と二人で自転車に乗る。
「タク、やっぱあたしが漕ごうか? タク一人でこんな坂道、無理だろ?」
「いや、大丈夫だ」
「じゃあせめて、あたしが下りて後ろから押すよ」
 そんなカントリーロードが聞こえてきそうな場面は嫌だ。

とか、
 頭文字Dの『D』は『駄目のD』だ。
とかねw

 そんな感じで星4つ★★★★☆です。いっそイラストは無いものとして読んだ方がいいと思います。

posted by mukudori at 20:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月12日

のうりん 03巻/白鳥 士郎

のうりん 3 (GA文庫)のうりん 3 (GA文庫)
白鳥 士郎 切符

ソフトバンククリエイティブ 2012-03-16
売り上げランキング : 1350

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


むっちりじゃない! むちむちです!

 相変わらずの田茂農林高校。この前は農と林檎がラブラブちゅっちゅになっていて耕作は落ち込んでいたが、実はそれも林檎と耕作を引き離そうとしていた農の策略で!? 大笑い必死の飛び出せ・耕せ・ハーベストスクールラブコメ、第3弾!!


 まったく、白鳥先生は天才か!
こんなに大きく笑わせていただいたのは久しぶりですよ! ラノベを持つ手が震える震える。
笑う度に口を押さえなきゃいけないので、自動ページめくり機が欲しかったです。

 さーて、今回もmukudoriお兄さん&お姉さんとの「のうりんパロ特集」行ってみよー!!
・サイロ詰めでの「フハハー! ほんとサイロ詰めは地獄だぜー!」w 世紀末ww「動物のお医者さん」でも見ましたけど、本当に大変らしいですね。
・ヒトリガミ様ワロタww ここで更に「ヤックル、逃げろ!」ともののけ姫パロを組み込んでくるあたりが油断出来ないぜ……!
・安心のネタ鮮度キター!! 今ではすっかり2ちゃんに浸透してしまった「ステマ」ですよ。
・「農ク」のバキ風選手入場紹介笑ったw けどちょっと長すぎたかなー? ですが、47都道府県全部書こうとした白鳥先生の気力は認めます。え? 私の住んでいる岡山はどうだったって? こうですよ→「ルールのある鑑定をしたいから農業高校に入ったのだ! プロの鑑定を見せてやる! 大都会岡山代表、小早川桃太郎!」他の県の方は買ってからお読み下さい。
・「FFJの踊り」の挿絵w まゆたんカンフーは卑怯。
「何が嫌いかより、何が好きかで自分を語れよ!!」……ワンピース……じゃなかった、ツギハギ漂流記ですね。
・ベッキー盛りの挿絵もこれまたww 切符さん、ご家族に怒られないといいなー(遠い目)。
・バイオ鈴木――いや、ソドム鈴木の漫画挿絵もこれまたww 切符さん(ry
「ウチの雑誌のモットーは『友情・努力・凌辱』ですから」wおかしいよー。何か入ってはいけない単語が入ってるよーw
・良田さんの犠牲w 「みさくら語」やら「アヘ顔ダブルピース」やら「D・V・D!」やら、さすがっす……!
岐阜県民は「蜂」を食べます……本当に!?Σ(゚Д゚ )
・男塾ネタキターー! 「日本にあと十人NAGANAWA(校長先生の名前)がいたらアメリカは敗北していただろう……」ww

 ちなみに前巻ラストにあった農と林檎の恋は説明しておくと、「農が『失恋なぐさめ作戦』として準備していたものでしたー」ときたもんだ! でもって、林檎がゆかたんにちょっとだけ復帰して、耕作も目覚めます。
これで寝取られだのなんだの言ってた人たちも安心だね!
この時点で、「農うぜえな……」と言っている貴方! だが、「ヘボとみつばち」での農の攻勢ったらないですよ!! 
耕作に「こーたん、腕枕して?」「農の好きな人はー……名前の最後に『く』が付く人!」そして、「みのりをいただきます……して?」の可愛さ!

 そしてのうりんいつもの終盤のシリアスシーン。
今回は継の実父がやってきて、継に自分の後を継がせるために無理矢理連れ帰ろうとします。
それで起こる、「野菜売り上げ対決!!」。
結局、高校生たちは負けるんですが、継たちの熱意に負けた父親の……「ふん、この程度の野菜しか作れない者を後継者に出来ん」という温情で継は残ります。
 ラストのラストでは、中盤で太っていた農の写メを耕作が冗談で「8ヶ月です☆」と送ったところ信じ込まれて、故郷では一大イベントとなっているとか……。

 いやー、次巻が楽しみな引きですねー。
今回も楽しく読ませていただきました。星5つ★★★★★です!

posted by mukudori at 21:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月23日

這いよれ!ニャル子さん 01巻/逢空 万太

這いよれ!ニャル子さん (GA文庫)這いよれ!ニャル子さん (GA文庫)
逢空 万太 狐印

ソフトバンククリエイティブ 2009-04-15
売り上げランキング : 1139

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


夢見るままに、待ちいたり

 八坂真尋は異形たる何者かに襲われていた。そのピンチにやって来たのは銀髪の美少女――!? 「いつもニコニコ、あなたの側に這いよる混沌ニャルラトホテプです」……嫌なキャッチフレーズと共にやってきた美少女は自分を宇宙人――ニャルラトホテプ星人だと言う。その美少女は真尋が悪行異星人に狙われていると知って、宇宙警察からガードに来てくれたのだった。第1回GA文庫大賞優秀賞授賞作!


 うん、面白かった!
クトゥルー神話を元にしているだけあって、パロ満載。ここまでしてくれると、ラヴ・クラフトも大喜びなんじゃないでしょうか。

 ニャル子と真尋の関係性がいい!
真尋が女顔なこともあって、ニャル子がいくら美少女と言えども応対に容赦ないんですよね。
ニャル子が肉食系女子で、真尋が草食系(?)男子なんですよ。
具体的には、
「真尋さん、キスしてもいいですか?」
 即座にフォークを取り出して、ニャル子の腕に刺す。刺す。刺す。
「ゴメンナサイ。ユルシテクダサイ。モウシマセン」
 ニャル子は何故かカタコト喋りで謝り出した。

とか、
「真尋さんのリストを見た時にビビッと来たんですよー。なんかこう、運命の赤い糸ってものが?」
「また刺されたいのか」

とか、
「真尋さん。バレなきゃ犯罪じゃないんですよ……」
「今の台詞、録音しておいたからな」
「すんませんマジ勘弁して下さい」
「これをお前の上司に提出されたくなかったらちゃんと仕事しろ」
「うう……宇宙人が地球人に脅迫されている」

とかねww

 パロネタはジョジョが多かったように思います。
「イグザクトリィ(その通りでございます)」とか「ディ・モールト」とかですね。
 あと笑ったのはニャル子が免許証を見せる時に「なめ猫」の免許証を差し出してくるところwwそのネタ、今の若者には通じないでしょwい、いえ! 私も一応若者ですけどね?

梗概は結構簡単にまとめられます。
真尋、異星人に襲われる。ニャル子が救出。→真尋を守るために一緒の家で生活をすることとなる。ついでに学校にも一緒に通う。→守るだけじゃ駄目だ。こっちから攻めて行かねば! ということで聖地「ルルイエ」(南極付近)へと飛び立つ。そこでの人身オークション会場へと攻め込む。→ニャル子、天敵のクトゥグア星人を呼び出されてピンチ! 真尋と分かたれる。しかし真のパワーを解放したニャル子は仮面ライダーのような姿形を取る。クトゥグアを易々退治。あ、ちなみにこのクトゥグアちゃん、百合です。→真尋が狙われていた理由は、実は宇宙で超人気BLドラマが始まるので、その受け役に姿が似た真尋を捕まえて高く売ろうとしていたのでした!→黒幕も退治して万々歳。ニャル子との別れ……。→かと思えば、ニャル子は有給休暇が溜まっていたので、それで地球に残ることにしました! 地球換算だと300年ぐらい一緒にいられますよ。赤ちゃんたくさん作りましょうね、真尋さんハート(トランプ)あっ、フォークは止めて下さいッ!!
 ……という話です。
いやー最後まで笑わせてくれました。

 そして最後の最後の真尋のデレ!
「ありがとうな、ニャル子。お前がいなかったら僕はあの夜、人権剥奪されてた。下心満載だったのは事実だけど、それでも守ってくれたのは事実だからな。ありがとう、お前のこときっと忘れないと思うよ」
「……ま、真尋さんがデレた!」
「……ッ! しゃ、社交辞令だ、馬鹿!」

後書きで作者も認める、ヒロイン真尋ですからね。

 でも悪の組織が説明ほとんど無しで壊滅したのはよくわからなかったなー。まあ続刊への引きでしょうけど。
ということで星4つ★★★★☆ですね。

posted by mukudori at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

うちの居候が世界を掌握している!/七条 剛

うちの居候が世界を掌握している! (GA文庫)うちの居候が世界を掌握している! (GA文庫)
七条 剛 希望 つばめ

ソフトバンククリエイティブ 2012-04-16
売り上げランキング : 1757

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ユーキノカケラ

 ドイツから日本の零細工務店、飯山家にやってきた笠取真哉(かさとり しんや)。彼には秘密があった。それは15歳にして超世界的人工衛星発射企業、「オリオンリュート」の社長であるということ。そんな彼が父親の形見であるという望遠鏡を引き取りに来たのはいいのだが――遺言として条件があった。それはこの飯山家で一ヶ月を過ごすこと、という――。美少女三姉妹+父親の4人と一緒の毎日がこれから始まろうとして行く。第4回GA文庫大賞優秀賞受賞作品!


 あー、面白かった!!
なんなのこれ。超面白い。
選考の際の編集さんに言わせると、「家族もので俺TUEEEE系。面白いからもう通過!!」らしいですが、読んでその意味がよくわかりました。

 つまりは主人公が大企業の社長で人工衛星とか権力とか使いまくりの天才少年です。
……ということなので、なるほど、これは確かに別の形での俺TUEEEだわ……と思わせてくれました。

 そんでもって、主人公に嫌味が無いんですよね。
権力も「これが権力ってヤツだぜ!」とわかる形で使うのはラストシーンだけで、他はひっそりと内密に人工衛星操作したりしてます。天才なので外国で大学院まで出たはいいものの、居候の一ヶ月間は長女、次女と同じ中学に通ってはいます。が、意外と「元寇」とか「漢文のレ点」とか日本では常識的なことを知らなかったりw
「なあ、この『レ』ってなんなんだい?」
「さあ? 作者が後から書き間違えを直したくなったんでしょ」

とかw
 不良に目を付けられて、校舎裏に呼び出されるも、自分の会社の人工衛星をスマフォ操作して相手を攻撃したりとかw
ラストシーンでの親の権力を笠に着たバカ不良の、長女への猛烈アピールで「俺と付き合わなければこの工務店潰してやんぜ!」的な横暴にはこっちも権力で対抗します。
「この馬鹿息子があああああ!! こちらがオリオンリュート創立者にして代表取締役の笠取真哉社長だ! お前が着ているものから食べているものまで、全てこの方に与えられた給金なんだぞ!?」
「んな!? そんな……馬鹿な……」
「これで少しは理解したかい? 権力というものはね、決して個人間で成り立つものじゃないんだ。これは自分を取り巻く環境が、自分の行動全てを反映させて形成されて行く、いわば世界そのものの構造なんだ」

 ってね!
あー、スッキリした!!
読んでて爽快。これに尽きますね。

 ……ただ、弱かったのが主人公以外のキャラクター。
ヒロインズが3人もいるのに、イマイチ弾けていない。
桃香はツンツンで、莉子はクールで、優希は10歳の無邪気ロリ。……なのに、最終的には「アンタもうちの家族なんだから」で締めてしまっているので、家族間の矢印しか出ないんですよね。
お風呂シーンはありましたけど、主人公のラッキースケべがあっても良かったと思います。
あとは飯山家の母親に一切触れられていないことでしょうか。続きがあると思って期待が膨らみますね。

 でも言いたいことが1つ。
主人公はキルマンさんやルファさんなんてものすごく良い人たちが周りにいながら、なんでそこまで「家族」を求めようとするの? 仕事上とはいえ、キルマンさんやルファさんたちも絆的な意味で言えば主人公の「家族」となっていると思いました。なのに切り捨てられて、この二人は涙目でしょう。

 あと絵師さんに言いたいことが2つ。
とりあえず、GA文庫では乳首は駄目でも「土手」はオッケーなんですね!(いい笑顔で)
でも、桃香と莉子の描き分けが出来ていない。どっちがどっちかわかりにくい挿絵がある。

ということで星4つ★★★★☆ですね。

posted by mukudori at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

ブラパン!/笠原 曠野

ブラパン! (GA文庫)ブラパン! (GA文庫)
笠原 曠野 Nardack

ソフトバンククリエイティブ 2012-03-16
売り上げランキング : 72602

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


パンピー・ナ・ブラカマン

 主人公の天海亜弓は異能力者――『ブラカマン』だ。喧嘩が強けりゃ、おっぱいもデカい。高校入学を機に、喧嘩は止めようとしても、その目立ち具合からつい絡まれてしまうので手が出てしまう。そんな時、月影剣というブラカマンの少年がクラスに編入してきた。はたしてロマンスが……あったりするのか? 第3回GA文庫大賞奨励賞受賞の破天荒学園ストーリー!


 クソですね。
まず、ブラカマンという能力の設定があまりにもあやふや・ふわふわ過ぎる。
それぞれ固有の「色」が関係するらしいんですが、途中で
 剣の能力の色は青なのだが、それでも――
とかいきなり出てきても、読者的には「えっ、そんな色のランク付け出てきてねえだろ」という不親切設計。
ブラカマンがまあまあ珍しいのはわかりましたけど、要は能力を出される前に最初っからパンチして沈めればいいよね。という悪回答。
 亜弓の能力は「相手にトラウマを植え付ける」ことなんですが、それも作品の根幹に生きていない。
剣の能力に至っては詳細な説明すらされていない。

 話の内容は、これまた散逸しているので纏めるのが難しい。時系列の順番も整理されていないので面倒くさい。
ともかく、亜弓が喧嘩が強くて学校の不良をシメて、敵対する学校のトップとタイマンしたり、正義感の強すぎる警察がブラカマンの能力を使って市民を洗脳したりするのを退治する話です。
……どうしてもこれ以上の内容を知りたい方は買って読んで下さい。
あ、ちなみに百合要素ありです。

 まあ言いたいことは、亜弓が美馬という友人が顔に青あざを作ってきたのを早合点して、部活のテニス部の部長に勝負を挑むところとかいらないだろ。
とか、正義感の強すぎる警察・黒崎の更に上の黒幕も別にいらないだろ、とか。ライバル校のトップも、その姉設定もいらないだろ、とか剣の訳のわからない方言の意味不明さとか細かい突っ込み要素は色々あるんですけどね。

 っていうか、剣と亜弓が関わったのがほんの小指の爪先程度なのに、ラストではいきなり「……剣、ありがとよ」「えっ、いま俺のこと名前で呼んでくれた!?」とかデレ始めるのには目がポーン。

 あと絵師さん。仕事は丁寧でいいんですけど、美馬の包帯書き忘れはマイナスポイント。

 そんなこんなで星1つ★☆☆☆☆ですね。地雷です。
あと、最後にこれだけは突っ込んでおかなければならないでしょう。
亜弓と月影って、「マヤ」はどうしたよ!!

posted by mukudori at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月20日

眠らない魔王とクロノのセカイ/明月 千里

眠らない魔王とクロノのセカイ (GA文庫)眠らない魔王とクロノのセカイ (GA文庫)
明月 千里 閏月戈

ソフトバンククリエイティブ 2012-01-16
売り上げランキング : 90489

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


クロノと夜の世界

 神木凪夜(かみきなぎ よる)は凪市を守る『世界使い(ルーラー)』だ。ルールを制定し、自分の世界を作り出すという――。そんな表面的には日常を過ごしていた夜の前に、『魔王』と名乗る少女――クロノが現れた。そこから、「和平協会」「正義派」たちとの三つ巴の戦いに巻き込まれて行く――。「月見月理解」の作者が送る、多次元アクションストーリー!


 ……違うんだ。この作者に望んでいるのはこういうのじゃないんだよ……。
もしこれの作者名を隠されて読まされたら、絶対に別人が書いただろ、と思います。
異能ものといっても俺TUEEEEEE! では無いし、月見月でファンになった身としては正直、続刊は期待していません。次のシリーズに移って欲しいですね。

 まず、ルビ振りがウザイ。
「暴月の牙(デスペレイトムーン)!」
 攻撃自体は『霊素の血(エーテル・ブラッド)』の遠距離型だが〜(中略)
「絶対隔離障壁(ダイアグラム・パーフェクション)・2次元展開(ウォール・ディメンション)!」
 即座に『世界(ワールド)』を解除する。

 ……とかね! これでも少ない方ですよ。適当に選んだ1ページから取ってきましたが。
読み難いことこの上ないよ!

 そして主人公が俺TUEEEEEでもないくせに上から目線でイラつく。
「詭弁だな、コトよ」「さっきからこいつが害悪だとほざいているが、お前は何を言っている? この女がそこで寝ている不審者たちに騙され続けていたことは、連中と取引したお前が一番知っていることだろう?」「しかも『神殺しの終日(ラグナロク)』で魔王の力を奪うということは、お前が魔王という存在になり替わるということに気付いていないのか? 他人ならば悪を犯し、自分なら正義を行えるとどうして言い切れる。教えてやろう。人はそれを独善と呼ぶのだ!
 とかね。お前何様だよ……。

 致命的なのは、バトル描写がわかりにく過ぎて一つも共感出来ない! 物語に入って行けない!
「0次元? 4次元? 何だよそれもっと説明しろよ。ページ割けよ」
……って感じです。

 ついでに言うと、間でちょいちょい挟まってくる、主人公とリルの昔話もウザい。
コマ切れにするからイラつくんであって、もっと大きくページを取って、ドカンと読みたかったなー。

 ちなみに今回の話を説明すると、
主人公、自分が殺される夢を見る。→主人公と幼なじみ、買い物帰りに機械獣に襲われる。そこでは魔王・クロノが助けにくる。夢の内容は真実で、主人公は本当に一度死に、クロノの仮眷属として命を与えてもらっていたのでした。だが、本眷属となること(クロノに吸血される)は嫌がる→和平協会がクロノたちに入会を迫ってくる。実は幼なじみやら周りの人間は、みんな和平協会の人でしたー。→入会を断る主人公とクロノ。だがそこに正義派という派閥の人間が現れて!? 街で起こっていた神隠し事件もこいつらの仕業でした。しかもヒイロというクロノの眷属だった男はクロノを裏切り、正義派へと売り飛ばします。→助けにくる主人公。クロノも主人公の血を吸って、魔王としての本来のパワーを取り戻し、敵を殲滅します。→実はクロノは一度死んだリルが転生した姿でした。最終的には二人とも和平協会に加わり、クロノも同じ高校に転入してきて良かったね!

 わー、パチパチ……(棒読み)。
なんの感動もありません。
結局クロノは自分で常日頃17歳17歳アピールしておきながら、なんで最終的には一つ下の主人公(16歳)と一緒のクラスに転入してきてんの?
愛は時間をも越えるってか? うるさいわw

 そんなこんなで星1つ★☆☆☆☆ですね。地雷です。

posted by mukudori at 17:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

彼と人喰いの日常 2巻/火海坂 猫

彼と人喰いの日常 2 (GA文庫)彼と人喰いの日常 2 (GA文庫)
火海坂猫 春日歩

ソフトバンククリエイティブ 2012-01-16
売り上げランキング : 10221

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


人喰いVS妖刀

 十夜と人喰い妖の黒衣との日常に「退魔省」が入り込んで来た。因幡朱音と名乗る退魔省のその女性は十夜たちに敵意を向けっぱなし。「仕事に協力しなければ殺す」とまで言ってきて――!? そして十夜たちに与えられた仕事は世間を賑わす妖刀探し。その持ち主は、なんと十夜たちの学校にいるらしい――!?


 駄目ダメですね。ズタボロのボロっかすです。
 そして地の文もなってない! 前回のテッカイオーとは逆のパターンで駄目ダメです。説明描写が少なすぎる。
この作者、本当にプロとしての自覚あんの? 後書きで「キャラデザは絵師さんにお任せしました〜。描写少ないのに感謝です」とか言ってるけど、少なくとも読者に描写の少なさを意識させるのはプロとして駄目だと思う。

 それと今回は、1巻のときこそ褒めましたが、十夜が黒衣に人を喰わせるというギミックがまったく役に立っていない。最初から最後まで誰も喰わせないままです。これじゃタイトル詐欺ですよ。

 あと、新キャラの朱音もウザかった。
やれ十夜たちに出会えば「殺す」だの「死ね」だの……作者はお気に入りらしくて「朱音はお気に入りなので筆が乗って書きました!」とか後書きで言ってましたが、全然その魅力を読者に伝えきれていない。朱音に対戦車用ライフルで狙撃されるような日常がどこにある? ……ってなもんですよ。
 同じく新キャラの真白もウザかった。
こっちはウザイというよりも薄いって感じかな? 
いじめられているのに「あ……はい。そうみたいです」とか「なんでなんでしょうね」とか自分の境遇の癖に外から見ているようなキャラに誰が共感できる?

 今巻の話の作りは単純です。というか単細胞です。
 十夜たちの前に退魔省の人間(朱音たち)が現れる。十夜たちの人喰いを見逃す代わりに退魔省の事件に協力しろと言ってきた。→十夜たち渋々協力。妖刀事件へと関わる。→退魔省の人間の調査で妖刀に殺された人間たちは十夜の学校のいじめっ子たちらしい。ということでいじめられっ子(真白)が怪しいと踏んで近づく。→いじめ現場を助けて仲良くなる。ますます怪しくなる真白のアリバイ。→囮作戦決行だ! 黒衣の力でいじめっ子に十夜が化けて妖刀をおびき寄せる。→予想通り、妖刀の正体は真白でした!→妖刀は、刀というよりも刀の妖でした。黒衣の力と朱音の家に伝わる宝刀を使って真白から妖刀のみを切り離す。→無事、真白は妖刀から解放されました! ちゃんちゃん。
 ……ってなもんですよ。
一つとして読者を驚かそうというギミックが搭載されていない。起承転結の「起承」のみだけで話が進んでしまっている。
真白が怪しいと思う。→やっぱり真白が犯人だった!
……というのはどうにかならなかったのか、と。他にもやりようはあったと思うんですよね。
真白じゃなくて、犯人は自分でも気づいてなかったけど朱音だった、とか。新キャラが少なすぎるからどうしても選択肢が狭まってくる。

 あと、今回は黒衣との甘々ちゅっちゅなシーンが少ない!
最初の朝風呂のシーンと、最後の
「相変わらず、主はツンデレじゃのう」
「…………そのネタはいつまで引っ張る気だよ」
「無論、主がデレるまでじゃ」
「一生デレねえよ」
「ふふっ、ツンデレじゃのう」
「なにその全ての毒を浄化する魔法の言葉」

ぐらいのもんですよ! もっと入れていいんだぜ……?

 そんな訳で今回は星1つ★☆☆☆☆ですね。地雷です。

posted by mukudori at 00:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする