2012年11月06日

男子高校生のハレルヤ!/一之瀬 六樹

男子高校生のハレルヤ!  (GA文庫)男子高校生のハレルヤ! (GA文庫)
一之瀬 六樹 ありえこ

ソフトバンククリエイティブ 2012-10-17
売り上げランキング : 54534

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 男子×男子×男子

 女子校だったユリウス学院が、今度から共学化されるというので勇んで入試を受けた山田真理(やまだ しんり)。しかし届いた制服は女物、入学式は女ばかり――違和感を覚えた真理が学園長室に呼び出されると、そこに来たのは幼なじみだった祐紀(男)の姿が。しかも女子の制服を着て。更にやってくる、桜という女にしか見えない男子(こちらも女子制服着用)。学園長は言う。「あなたたちが、『美少女大好き!』な共学反対派を籠絡出来たら、共学にしましょう――」と。第4回GA文庫大賞奨励賞受賞作!  


 あー、微妙……。
つーか最後まで読んでも意味がよくわかんない……。しかも続刊前提だし。どういうことだよ、おい。(迫真)
っていうか、絵師さん、「かんざきひろ」まんまじゃね……? リスペクトオマージュなのか……?

 ネタバレあらすじー。
 プロローグ。ナンパ男たちがユリウス学院の可愛い三人組に目を付ける。しかしナンパをするも、「俺は男だーーっっ!」と女子だと思っていた子にパンチを喰らわせられる。→4月。真理、パンフレットに騙されて女子校のユリウス学院に入学。しかし、届いた制服は女物。けれど時間が無いのでそれを着て入学式に参加。→学園長に呼び出される。すると、そこには幼なじみの祐紀の姿が。しかし……髪を伸ばして女子制服を着た姿で。祐紀によると、自分が小学校時代に剣道道場で負けた相手であり、この高校に入学した鬼瓦萌子(おにがわら もえこ)という一学年上の生徒を追って来たらしい。しかしこの学院に剣道部は無い。そこに、男子が苦手な男子高生(ただし格好はどう見ても女子)の桜が呼び出される。しかしこの桜も、本名は桜吾朗(さくら ごろう)という名前。みんなは、学園長に「共学にして欲しいなら、美少女大好きな有栖川マロンという女子生徒を籠絡して来なさい。そうすれば、剣道場も作ってあげる」と言ってくる。三人はそれを渋々承諾。→祐紀になんで女装しているのか訊くと、「昔、鬼瓦萌子に剣道で負けたから、その時に条件で『負けたら明日から女装してきてやんよ!』と言ってしまった」と語る。祐紀は律儀にも、その約束を守っていたのだった。身体測定の日、その萌子に会う。すでに男子だとばれている祐紀とは裏腹に、男子だとばれたくない真理は必死に逃げ惑うが、結局萌子にばれてしまうが言いふらされたりはしなかった。→有栖川マロンが部長を務める「漢部」に入部。そこでマロンに弄ばれてしまう。そして入部許可。しかしマロンは、「共学化」に対しては色よい意見をくれない。しかし生徒会長も兼任しているマロンは、代わりにユリウス学院で数年に一度行われる「バトルトーナメント」で優勝したらお願いを聞いてくれることに。→バトルトーナメント当日。超難関借り物競争や、悪辣パン喰い競争に参加。桜や真理が頑張り、どちらも一位を獲る。茶道部の萌子も参加しており、決勝戦(バトルロワイヤル)で祐紀と対決。最後まで立っていた人間が勝者。ここで祐紀の胸が何故か柔らかいことを萌子は疑問に抱く。二人は真髄の技を出し合う。「奥義! 炎竜仏滅剣!」「奥義! セイント・クルセイダー!」喰らい合った結果、萌子が先に倒れ、その後で祐紀が倒れる。結果は時間差ということで祐紀――「漢部」の優勝。しかし喜び合っていたそこに、桜を襲う魔の手があった。→それは桜のお母さんの手先で、バトルトーナメントなどというものに参加して女の子らしくしない桜を家に監禁しようとしていた。そこを助けに来る真理と祐紀。桜を助け、母親を説得する。と、母親は「今日は泊まって行くといいザマス」とデレて言ってくれたのでみんなでお泊り。「男同士だし、いいよね」ということで一緒にお風呂に入ったりするが、そこで祐紀が桜の膨らんだ胸、そして有るはずのものが無い下半身を見てしまう。ちなみに祐紀も胸が膨らんでいる。男か女かはわからないまま。→そしてラスト、真理の下駄箱に手紙が来て、それは「お前の秘密を知っている」との内容だった。終わり!

 だ・か・ら!
なんでGA文庫はこう性別こんがらがり(トランスジェンダー)ネタものが好きなんだ! 空欠けか? 空欠けの再来だー! って言えばいいのか? あ゛?
 あと、必要ないフォントいじり。
ところどころ大文字だったり、白抜きフォントだったりで文章に集中出来ない。
 そして1巻の時点では必要のないキャラの存在(雨宮ソラ先輩)の引っ張り具合。なんだよ、「アイツは100点満点の現国のテストで105点を取れる女だ……!」(byマロン)って。伏線はその巻で回収して欲しいですね。
 っていうか、なんで桜は女のくせに名前が吾朗なんだよ。産まれる前に父親が決めてた、って言っても、普通の感性と常識なら思い留まるよね?

 さて評定は……というと、まあ一応は新人ということで星2つ★★☆☆☆にしておきます。でもこの作者、京アニ文庫でもデビューしてんだよな……。プチ地雷だよ!

posted by mukudori at 20:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

彼と人喰いの日常 04巻/火海坂 猫

 やあ、みんな元気かな? mukudoriお兄さん&お姉さんだよ!
さくら荘のレビューはやっぱり地味にHPガリガリ削られるので中断だ! 楽しみにしてくれてた人(いるのか?)はごめんね!
今日紹介するのは、「GAブンカー」としては外せない、これだ!
彼と人喰いの日常 4 (GA文庫)彼と人喰いの日常 4 (GA文庫)
火海坂猫 春日 歩

ソフトバンククリエイティブ 2012-10-17
売り上げランキング : 68028

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


彼と人喰いとの、“終わる日常”

 立夏が十夜に「好き」と告白してきた。そして記憶が完璧に戻っている。黒衣に言わせれば、「わしより強い術者が書き換えた」とのこと。そんな時、殺したはずの葵が戻ってきた。しかも自分は葵ではなく「帝」だと名乗って。これは、彼と人喰いが紡いだ“終わる日常”の物語。クライマックス! 


 かーっ、表紙力(だけは)あるねえ!
最終巻にして、いい表紙だと思います。
 さてその中身は……というと、これまたたまらないクソでしたがね! てへぺろ。

 ネタバレあらすじー。……なんかこいつと付き合うのも最後だと思うと感慨深いな……。
 まだまだ続いている夏休み。立夏が十夜に告白してくる。しかしそれを素直に受け取れない十夜。→立夏の記憶を消していた黒衣の呪文が解けていた。そして新たに、立夏は誰かに操られていた。その誰かの正体は前巻で殺して喰ったはずの葵だった。→葵、十夜と黒衣と会談する。葵に憑りついているものは昔のこの国の「帝」と名乗る。前巻で黒衣に喰われたのは、真白を苛めていたグループの一人で、自分の代わりに生贄にしていたのだった。話すその内容は「この国を滅茶苦茶にして欲しい」というものだった。十夜、もちろん拒否する。が、立夏たち知り合いを人質に取られて、考える時間を与えられる。→葵(以下、帝)、朱音たち退魔省と立ち会う。しかし、妹の身体を人質に取られているので手が出せない朱音。→真白に誘われたので、帝と一緒に遊ぶことに。ゲーセンに行く。そこで立夏にクレーンゲームでぬいぐるみを取ってあげることに。→帝に「なんでこの世を滅茶苦茶にしたいのか」を訊く。理由:「ただ絶望したから未来が憎くて。この時代に当たったのは偶然です☆」→朱音が再び帝と対峙する。しかし帝の術の前には為す術がない。なので、「正義の味方」として最後に出来ることは――十夜たちに懇願することだった。十夜たち、帝に対抗する手段を思いつく。けれどそのためには「主はわしを信じることが出来るかの?」とのこと。→約束の期日、黒衣に最初に会った川原に帝を呼び出す。帝はこの国の地下にいる「大ナマズ」を呼び起こして大地震を起こして欲しいと言ってくる。そして自分がこの国を滅茶苦茶にしたい本当の理由は、「未来視が出来た自分は、この国が他の権力者に獲られる未来が見えた。そしてこの国が亡ぶ未来も。だから自分の手で消し去ってやりたい」……というものだった。帝の取引への十夜たちの答えは、ノー。けれど、黒衣の契約を一旦十夜から解いて帝に結ばせるという手段を取る。自分と立夏の安全は保証させた上で。そして契約を履行すると、黒衣は「先月分の人喰いの代償をもらっておらんので、今の主に履行義務が生じる。だから契約不履行として主(帝)を喰わせてもらう」と言ってくる。帝は喰われた。黒衣を信じた十夜たちは勝ったのだった――。→黒衣はまた十夜と契約を結ぶかと思えば、違った。これまでの契約の代償として、黒衣と過ごした三ヶ月分の記憶をいただく、と言ってきた。黒衣と地獄の果てまで連れ立つつもりだった十夜は嘆く。しかし黒衣は静かに笑って、十夜の記憶を喰ったのだった――。→新学期、十夜も立夏も真白も葵も記憶は綺麗に消えていた。しかしそこに、とんでもない美人が現れる。その名は大神黒衣――「実はの、主に一目惚れしたんじゃ」と言って、十夜にキスをしてきたのだった。彼と人喰いの日常はもう少しだけ続くらしい……。終わり!

 なんかもう、帯文が卑怯だよね!
なんだよ、
「そう……僕はお前と生きていくと決めたんだ」
……って! 本文に似たのはあってもそんな文章ねーよ!
読み終わった後、不覚にも表紙と帯文に泣かされそうになりました。
だがしかし、話が結局綺麗にまとまっているようで、帝を倒したのは契約詐欺だったり、大ナマズや妖刀の件とか残されているエンドなので、星2つ★★☆☆☆、プチ地雷にしておきましょう。

posted by mukudori at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

木崎くんと呼ばないで! 02巻/長物 守

木崎くんと呼ばないで! 2 (GA文庫)木崎くんと呼ばないで! 2 (GA文庫)
長物 守 みけおう

ソフトバンククリエイティブ 2012-09-18
売り上げランキング : 10664

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


婚約者は突然に。

 木崎の元に幼馴染の婚約者(女)が現れた。彼女の名前は風峰結菜(かざみね ゆいな)。木崎と幼稚園時代の付き合いで、今でも木崎のことを「殿下」と呼び、「男子」だと思って慕っている。はてさて、どうなる婚約者騒動!


 鈍感にもほどがあるだろ!
なんなのこの子(結菜)。
つーか、作品と絵の剥離がひどすぎる。
元はと言えば、結菜が十年後の木崎をまだ男だと思っているらしいんですけど、絶対にそんなことねえだろ、という木崎のポニーテールと巨乳ナイスバディ。ちょっとは疑問抱けよ!
しかも主人公! 
だが、短絡的に「木崎は女だったんだよ」では芸がない。
……いや、別に芸とか求めてねーから! 早く女だってバラせよ!!

 ネタバレあらすじー。
 結菜、木崎の元にやってくる。ここで婚約者発言。そして転入してくる。→結菜は木崎を男だと思い込んでいるらしい。だがモブキャラたちの計らいでなかなか「木崎は女」だと言い出せない。→木崎と結菜と一緒に昔過ごしたことのある団地にやってくる。思い出のそこはもうすでに閉鎖されていた。泣く結菜に木崎はハンカチを差し出す。そして思い出の団地に住む気満々だった結菜、木崎のところに転がり込む。→結菜との思い出の指輪を探すことに。宮様やネーナ、花子たちも駆けつけてきてくれる。押入れの中から「たからのちづ」を見つけ、そこに指輪があるだろう、ということに。→「たからのちづ」に書いてあった暗号を解いて行くと、犬養さんの家に辿り着く。そこでヒントがもらえるかと思ったが、肩透かし。ついには指輪を持っていないということが結菜にバレ、「嘘つき!」と結菜は去る。→学校で結菜と主人公が話し合う。そこに何故かやってくる、不良一同。不良によって明かされる、「木崎は本当は女の子」だという真実。結菜は現実から逃げ出す。主人公は不良一同によって叩きのめされる。→木崎がそこにやってきて、主人公の傷を舐めてくれる。そして主人公は結菜を探しに廃墟団地の中に入り込む。不良たちも一緒に。そこで多勢に無勢、ピンチなところに木崎がやってきて大立ち回り。圧倒的な勝利。→ネーナたちと一緒にやってきた木崎。思い出の指輪をちゃんと見つけてきていた。そう、木崎の母親の病気が治るように、と幼馴染のみんなが願いを込めて、「たからばこ」に入れていたのだった。ちなみに木崎の母親はこれだけ死亡フラグ立てててもまだ存命中。→エピローグ。結菜は木崎の家から出て、新築のマンションに引っ越した。そして、引越しの作業をみんなが手伝う。主人公はまたライバルが増えたか、と思いつつも結菜を歓迎したのだった。→エピローグのエピローグ。主人公の幼馴染の花子と一緒に話す。花子は「昔はわたしがタクちゃんのお嫁さんになるって言ってたよね〜」と呟く。主人公、それを総スルー。不完全燃焼さが残り、終わり!

 ……いや、上でも書きましたけど、マジで芸とか求めてねーから。
だから最終的に結菜の傷が深くなるんだよ!!

さて、この作者お得意のジブリパロキタ━(゚∀゚)━!
長靴いっぱい食べたいよ!
第一印象は、うーん。トトロと会えそう。

などなどww
あとは、
さんをつけろよ、デコ助野郎……じゃなかった、デコ助娘。
謎解きはディナーの前に。

とかですねw

 パロはともかく今回はちょっと展開グダグダだったので、星を引いて星2つ★★☆☆☆ってところですね。プチ地雷です。

posted by mukudori at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

空に欠けた旋律<メロディ>/葉月 双

空に欠けた旋律<メロディ> (GA文庫)空に欠けた旋律<メロディ> (GA文庫)
葉月 双 駒都 えーじ

ソフトバンククリエイティブ 2012-08-10
売り上げランキング : 1327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


銀の魔女は唄う

 何百年も戦争が続いている世界。片方のそこには、二百年を生きる撃墜の魔女がいた。そんな彼女に恋する人間がやってくる。「僕は魔女さんのことが好きです――!」そう告白した人間は、魔女に気に入られ、問われる。「一緒に世界を変えてみない――?」と。第4回GA文庫大賞奨励賞受賞作! 世界の狭間で生きる、空戦ラブストーリー!


 ふざけんな! パーン!! ( ’д’) ⊂彡☆))Д´)

 ……おっと失礼、取り乱してしまいました。
さあ感想行きましょう。
……この作品、特大地雷ですね。
「空戦」っていうから、エースコンバット系かと思えば、なんとロボットもの
そして「僕は魔女さんのことが好きです」っていうから、ボーイミーツガールかと思えば、主人公「僕っ娘」。つまりは女です

 くそう、テッカイオー覇道鋼鉄テッカイオーかみおーさんに勧められるから読んでみたけど、ドウテイオー神童機操DT-O phase01 (講談社ラノベ文庫) [文庫] / 幾谷 正 (著); 御山 ロビ, 井上 真有樹 (イラスト); 講談社 (刊)は余裕で回避した自分……。つまりはあんまりロボもの好きじゃないんですよね……。
 そして百合ときたか……。
「のうりん」の2巻でも百合要素に言及して減点したように、百合もあんまり好きじゃないんですよね……。
 ラノベ界でも「これを使うと失敗しがち」と言われるこの2つを組み合わせたこの作品は……=ひどい地雷ということです。
 
 ネタバレあらすじー。
 士官学校を卒業して、幼なじみのエリィと一緒にメロディ(ロボット一般の名前)部隊に配属されるレイ(主人公)。そこで銀色の魔女、クッキィと出会う。→挨拶する暇もなく、初出撃。隊長、新米たちに対して「お前ら優秀だから、好きにやっちまいなー!!」とそれだけの指示。だが、途中でクッキィが撃墜され、主人公それを助ける。そして告白。→告白は兵舎に帰って数時間悩まれた後、「貴方は私を置き去りにするわ。私、改造人間だもの」「置き去りにしません。そんなことになったら、僕は貴女を銃で撃ち殺します」「そう。なら私も、初めて人を好きになってみることにするわ」と了承される。→クッキィと二人、哨戒に出て、「秘密の場所」を教えるという。そこは無人島で、無人の基地が隠されていた。どうやらそこは、クッキィを生み出した場所であり、メロディを作った、クッキィの母たちの研究所だった。しかしそこに、友軍の特別部隊隊員フランたちがやってくる。二人は銃を突きつけられて拘束される。が、そこに隊長がやってきてくれて解放される。解放されると同時に、主人公はメロディでヘリで帰ろうとしている特別部隊を撃ち殺す。→基地に帰ってくると、なんと先ほど殺したはずのフランと同じ顔と名前の少女に出会う。主人公、驚愕。フランによると、「私たちはみんな博士によって創られたクローンだ。お前が殺したのも含めて7人いる。もちろん、そこのクッキィも含めてな」――と。クッキィとフランの顔がどうやら似ているようだと感じたのは間違っていなかった。同じところにホクロがあるのも――。脱線しますが、いやー、この会話に辿り着くまで、口絵とか見て「こつえー先生は顔に笑いぼくろがある女子しか描けないのか!?」と思っていましたw→そして二人目のフランも主人公たちを監視する。ショッピングデートにもついてくる。ここで、主人公が本当は女の子だということが発覚。クッキィ曰く、「上からの書類には『男子として扱ってくれ』とあったけど――なんで貴方、男の子の格好をしているの?」とのこと。→2人目のフランも主人公とクッキィ、隊長を極秘基地内潜入の罪で拷問をしてこようとするので、殺す。これで3人は反逆罪として追われることになるのでメロディで逃げる。逃げたところで、敵国のエースでクローンの一人のソフィとかち合う。→ラストバトル。実は戦争は、お互いの国が密約を交わしていて、永遠に終わらないように出来ていたのでしたー。そしてそこに、エリィも反逆者を追うということでやってくる。三すくみの状態。説得も効かないエリィはなんとか撃墜し、こちらは隊長が撃墜され、一進一退。ソフィもなんとか主人公が生命エネルギーを使って撃墜するも――クッキィのパワーが尽き、落下しようとしていた。そこを主人公、間一髪で助ける。→エピローグ。主人公は森の中、クッキィに膝枕されて目を覚ました。そして二人は、隊長の心配をしつつ、優しいキスをしたのだった――。

 ちょっと綺麗に締めてみましたが、ふざけるな、と言いたい。
 なんなのこれ。一人称なんですけど、全編に亘って主人公がポエマー過ぎて、感情移入出来ない。
具体的にはこんな感じ↓。
 おやすみ。キミのことは忘れるよ。
 いちいち殺した相手のことを考えていたら、僕の心が持たないんだ。

とか、
 スネークを撃墜した仕返しのつもりだったのかな? スネークの友人か、恋人かもしれない。ああ、僕は人間を一人殺してしまったのだ。
 仲間を撃墜させたから敵も撃墜して。討ったり討たれたり。撃ったり、撃たれたり。
 殺して殺されて、死なせて死なされて。
 そんな甘い螺旋に、僕たちは取り込まれている。

とかですね。ゲロ吐きそうに甘いです。
 あと、主人公が「僕は一貫性が欠如している。だからふわふわ、周りに流されやすい」……って、うるさいわ。自分の欠点を「性格」で片づけるな。
 ついでにクッキィさんよぉー?
自分の満足感のために世界を滅ぼそうとするな。それが出来るほど圧倒的に強くもないくせに。
……そう、この本は、クッキィが「撃墜の魔女! スゲー!」とか言われている割に、あんまりすごくないのが残念ポイントなんです。
 ついでにエリィ。お前同性の幼なじみのくせに、いちいち口出してくんな。
仲直りの方法も、「チアガールコスでバンドをやれば仲直り!」ってなんだよ。話の中で、ここだけが変に浮いていて、寒かったです。
 それと、メロディの個別の名前がダサすぎる
クッキィの機体の「ギザギザハート」ってなんじゃい!!ww センスが一昔前ですね。
そして地の文でも、戦闘中に、
・ギザギザハートが『ウィッチフィールド』を展開する。
・ギザギザハートが撃墜された。

ときて、「もう吹くから止めて!ww」となること請け合いです。
ちっちゃな頃から悪ガキで、15で不良と呼ばれたのか!? ナイフみたいに尖っては、触れる者みな傷つけたのか? ギザギザハートの子守唄ww

 評価はこつえー先生のイラストの分だけ、星1つ★☆☆☆☆だよ! 出直してきな! 特大地雷だよ! このマンモーニが!!
っていうかGA文庫さんよぉー? 御社のファンやってるけど、こんなあらすじ詐欺は止めた方がいいと思いますよ? 頼むから。

posted by mukudori at 18:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

うちの居候が世界を掌握している! 02巻/七条 剛

うちの居候が世界を掌握している!  2 (GA文庫)うちの居候が世界を掌握している! 2 (GA文庫)
七条 剛 希望 つばめ

ソフトバンククリエイティブ 2012-07-17
売り上げランキング : 1683

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ほっぺにゅーん

 相変わらず、社長業の片手間に中学生をしている真哉。今日もドン・キホーテに絡まれて、うっかり攻撃衛星を操作して体育倉庫を壊してしまった。いくら社長でも、一学生の身分としては責任を取らなければいけない。そんな真哉に下されたのは――図書室の片づけという仕事だった。そこで小雪という少女と出会ったり、学内で不思議なローカルゲームが流行ってたりして……社長は今日も大変です。俺TUEEE若社長業の第2巻!


 うーん、今回は微妙……。
絵師さんの腕は1巻から上がってます。それも格段に。ちゃんとキャラの描き分けが出来ている。それは凄いと思います。
でも、作者の考えたストーリーがあまりに陳腐で先が読めてしまう。そこが残念。
あと今回は敵キャラもすぐわかって、しかもそいつがかなり厭らしいので嫌悪感が出てきますね。

 ネタバレあらすじー。
 主人公、体育館倉庫を壊した罰として、図書委員の手伝いに。小雪という二年生の女子と出会う。小雪には病気で倒れた父親がいて、今は入院していて家にお金が無いという。→同時期、この学内である特殊なゲームが流行っているという。主人公、興味を持つ。→ゲームを追いかけて行くと、それはなんと、図書室の本のページを繰り抜いて、中身を入れて商売をしていたことに気付く。ちょうどドン・キホーテが手に入れていたので、ちょっと脅して奪い取る。その中身は、ただの軍戦略ゲームだった。→しかし気になった主人公、秘書にゲームのデータを渡して解析させると、ゲームには「ウイルス・トロイの木馬」が入っていたということを見抜く。それもただのウイルスではなく、全世界の金融機関にアクセスして、金融市場を破壊するといった――。→そこに、小雪と生徒指導に定評があるらしい役所という先生が密約しているところを取り押さえる。役所先生が小金儲けをしようとしていたところに、小雪は父親の入院を担保に半ば脅される形でゲームの密売をしていたのだった。→しかし小雪の本心は違った。天才プログラマーの父親に習った技術で、金にまみれた世の中を「ゼロ」にしてやるために、ゲームにウイルスを仕込んでおいたのだった。→そんな小雪を手放しで称賛する主人公。小雪との会話を聞いていたキルマンに、オリオンリュートの社長推薦就職枠を打診する。キルマンの評価も良かったので、小雪はオリオンリュートの社員になることに。→支度金として小雪の父親の手術も無事行われ、脅していた役所先生には攻撃衛星でのお仕置きも済ませてハッピーエンド!

 ……って言うとでも思ったか?
おいおい……今回、長女の出番少なくないか? むしろ「無い」じゃねえか! 空気だよ!
それと三女も出番はありつつも「芸術に天才的」「ゲームが得意」というだけで表紙以上の出番は拝めません。
莉子が唯一と言ってもいいぐらいのヒロイン加減でしたね。
つーか、小雪よ。ただの中学生が父親に習って、足りない部分は本を読んで補ったぐらいで世界恐慌に陥らせるようなプログラムを書けてたまるかwしかもそれはウイルスと来たもんだ。せっかく技術を教えた大好きなお父さんが泣くぞ?
 あと、役所先生よぉー? 好きな物は競馬! なくせしてなんでそんなに偉そうにしてられるの? こんなのが公立中学の教員(しかも生徒指導)だと思うと情けないですね。最後は入院で締めるんじゃなくて、教職解雇でも良かったと思います。

 でもちょっと嬉しかったのは、ドン・キホーテがジャイアンみたいなキャラに進化しているところwこのまま行けば、主人公との親友ルートwもありえるの……かな?
そんなところで今回は星3つ★★★☆☆ですね。普通です。

posted by mukudori at 01:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月20日

俺はまだ恋に落ちていない 02巻/高木 幸一

俺はまだ恋に落ちていない 2 (GA文庫)俺はまだ恋に落ちていない 2 (GA文庫)
高木 幸一 庭

ソフトバンククリエイティブ 2012-03-16
売り上げランキング : 46699

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


恋のなんたるかを教えてやろうじゃないの。

 今日も公は恵衣美と詠羅に挟まれてキャッキャウフフな毎日だ。そんな中――詠羅に一目惚れした男子が出てきた! そいつは公の後輩で、純情一直線な良い奴だ。公は自分の気持ちを騙したまま、そいつに詠羅を紹介するのだった……。トライアングルラブストーリー第2巻!


 ……なんなの、この主人公
すげー腹立つんですけど。めがっさ腹立つんですけど。
自分のことを好きだと豪語している女の子を、他の男子に紹介するって?
何? こいつ頭ん中にウジでも湧いてんの? そこは全力で阻止するのが普通だろうが。お前のことを好きな女の子の気持ちをなんだと思ってるんだ。お前いっぺん、愛子さんに腕の骨折られてこいよ。

 ネタバレあらすじー。正直、上のあらすじでほぼ使ってるんで、書くことあんまりないんですけどね。
 道(みち)という後輩に、「一目惚れした女の子がいるんっす」と告げられ、特徴を聞いていくうちに、その女の子が詠羅だと気付き、後輩にも「先輩、……その顔だと知ってるんすね?」と看破される。そして少しだけ苦難した後、詠羅を呼び出して紹介することにする。→詠羅、ショックを受けつつも主人公の言うことをきく。愛子さん、半切れ。→空河という女子と恵衣美が顔を合わせ、主人公を巡ってお好み焼き屋で対決。修羅場。でも主人公は気付かず。……どんだけやねん!→そしてデート当日。恵衣美に押し切られて、詠羅たちのデートの跡をつける。表面上、デートは楽しそう。そこに田所(恵衣美たちの兄)や空河が混ざってきて、恵衣美が跡をつけていたことがバレる。主人公はバレないまま。そしてそこで、女の子を狙うチンピラ大学生がやってきて、詠羅たちに目を付ける。……も、田所(超強い)にあっさりやられて引き下がる……かと思いきや、新たに先輩を連れてきてタイマン。キレそうになっていた田所(超怖い。トラウマもの……らしい)を、主人公は土壇場のギャグで引き戻す。これによって主人公が跡をつけていたこともバレる。→道くんに、「やっぱり紹介したのは間違いだった! ごめん、俺、この子のことも好きなんだ!」……的なことを言って詠羅を引き戻す。道くんは良い奴だったので、主人公にワンパンだけで済ませてくれました。そしてまた、トライアングルは続いて行くのでした……。終わり。

 良い奴の道くんに代わって言いましょう。……ふざけんな!!
主人公クズですね。そのくせ、イイトコだけは取っているという……。
つーか、トライアングルでいいのであって、空河(別名:あっしちゃん)は別に要らない。要らない子。ウザい。
 今回は面白かった掛け合いも少なかったですね。
「な〜にが『古来より伝わる』よ! このむっつり娘! エロ女! や〜い、エロエロエロラ〜」
「わ、私は恵衣美の破廉恥な行為を正すべく、わざとやったのよ! 貴女こそ、乳の国に帰って公様以外の殿方をおはようからおやすみまでたぶらかし続けるがいいわ!」
「乳の国なんてある訳ないでしょ! 自分が真っさらな平野を抱えているからってひがむんじゃねーよ! もうあんたいっそのこと『限りなくAに近いB』って自伝小説でも書いたら? チョー受ける。ハハッ!」

 面白いと感じたのはこのぐらいでした。
今回は星2つ★★☆☆☆ですね。プチ地雷です。チョー受ける。ハハッ!

posted by mukudori at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月03日

異能バトルは日常系のなかで/望 公太

異能バトルは日常系のなかで (GA文庫)異能バトルは日常系のなかで (GA文庫)
望 公太 029

ソフトバンククリエイティブ 2012-06-16
売り上げランキング : 11770

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


黒歴史では終わらない

 ここはとある高校のごく普通の文芸部――。しかし、そこに居たのは単なる生徒たちではなかった! なんと――全員「異能」に目覚めていたのだ! 主人公一人を除き、みんな神級の異能だ。しかし使いどころのない異能は果たしてどう使えばいいのか? ゆるゆる異能コメディ!


 この本を読んで……初めてこの作者に好感を抱きました。
具体的にはカバー折り返しに書かれているんですが、「学生時代はテニス部でした! 自分のラケットには『レイヴン』や『黒檻』などの名前を付けていたものです……」
 ってね! 
望先生、あんたはすごい! 中二病ラノベを書く才能も意気込みもある!
 ちなみにその才能の一端は主人公たちの能力の名前付けで鑑みられます。
「黒焔(ダークアンドダーク)」
「永遠(クローズドクロック)」
「五帝(オーバーエレメント)」
「創世(ワールドクリエイト)」
「始原(ルートオブオリジン)」
「宵闇に嗤う二律背反の魔女(エンドレスパラドックス)」
「神が放棄した計画書(リバースクルスレコード)」
「堕天使の鉄槌は愚者へと振り下ろされる(ルシファーズストライク)」


 ……ってね!
たまらん中二加減ですよ。ちなみに作中では「中二」ではなく、「厨二」ですのでお間違えなく。

 っていうか、この作者特有の微妙なホモ要素はどうにかならんのか。
Happy Death Day01巻」の時も思いましたけど、今回も主人公が出会った中二の同士(男)に対して、
 出会って三分で、まるで前世から夫婦だったんじゃねえかと言うぐらい意気投合した。
(中略)
「ああもう、この人大好きだ! 結婚してえ!!」

……おいおいおーーーーい!!

 ネタバレあらすじ。あんまり書くことないんですけどね。
 文芸部5人にある日突然異能が目覚めたことを知らされる。女子4人の異能はすごいものだったが、男子――主人公、安藤の異能は「黒い焔をちょっとだけ出せる」といった残念異能だった。→ある日、主人公の黒歴史ノートを置き忘れる。それを取りに行くと、イケメンの男性に読まれていて、なんとものすごく同調される。イケメンはヒロインの兄で中二病の――桐生だった。→異能を使って日常遊び。腕にペンで黒龍を書いてもらって、包帯を巻いて、飛影ごっこ。相手は五大元素を全て操れるといった幼なじみの超異能者。もちろん負ける。→部活動があんまり活動していないという理由で生徒会に目を付けられる。本文にもあるように、ここから超展開。その生徒会長はなんと――文芸部と同じ異能者だった! それも「相手の異能を奪う」という。それで主人公の異能が奪われるが、もうすでに相手の異能を知ってしまった文芸部は異能を出そうとしない。肉弾戦で生徒会長をお仕置きする。→同時期、桐生がなんだか異世界の妖精と話していて、「これから始まる混沌を前にして、束の間の平和を楽しむがいい……」とか裏っぽいことを言う。
 ……こんなところです。

 あと、パロネタ豊富。
「待て! 俺の腕はそれ以上回らない! 関節決まってる! ヨガみたいなポーズになってる! どんなに回してもゴムゴムのライフルみたいなことは出来ないからね!」
「ちょっと動かないでー。今いいところだからー」
「痛い痛い! やめろって! 俺、ダイヤのエースの主人公みたいなムービングファストボール投げれるような柔らかい関節してないから!」
「あ。ジューくんこんなところに黒子あるんだー」
「黒子かよ! どうでもいいわ!」
「黒子は大事だよー。ジャンプでもそんなバスケ漫画やってるし」
「そりゃ黒子(くろこ)のバスケだよ!」

ジャンプネタが多いですね。
しかしさり気にマガジンネタも放り込んでくれるという……。ダイヤ好きで単行本も集めている私としては嬉しかったです。
そんでもって、
「あ、違う。ごっこ違う。シミュレーションね、シミュレーション。SA○風に言うなら『これはゲームであっても遊びではない』。いざという時のために常日頃から鍛錬を怠る訳にはいかないからな」
なんと他社の大ヒットラノベからのパロ! ちなみに「SAO」じゃなくて、「SA○」(○は丸)ですのでお間違えなくw

 面白かったんですが、これからバトルに発展して行きそうなところがちょっと残念なので星4つ★★★★☆で。

posted by mukudori at 19:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

彼と人喰いの日常 03巻/火海坂 猫

彼と人喰いの日常 3 (GA文庫)彼と人喰いの日常 3 (GA文庫)
火海坂 猫 春日 歩

ソフトバンククリエイティブ 2012-05-15
売り上げランキング : 107271

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


彼と夏場の転校生

 十夜と黒衣、真白の日常に転校生がやって来た。その子の名前は因幡葵――あの因幡朱音の妹だという。そして何故か、立夏にかけた記憶抹消の呪文が解け、記憶が戻っており!? そしてみんなで行く、海辺のリゾート。今回は何が起こるのか! 彼と人喰いの日常!


 あー、たまらないクソでした
積読を崩して久しぶりに読んでみようかと思ったら、予想を裏切らないクソっぷり。
2巻で知っていたはずなのに……はずなのに……! でもたぶん、どんなに内容がクソでも続きは買うと思います。絵師さんのファンなので。
あと、たまには地雷を踏んどかないとね!

 さーて、ネタバレあらすじ、行っくよー。
 一年生に因幡葵という少女が転校してくる。その子は真白と親友に。一緒に昼ご飯食べたり。→だが、まだ真白のイジメの根っこは無くなっていなかった。ある日、真白と付き合う葵に、イジメグループから足を引っかけられる。その後、葵が「因果横暴ですよ」との台詞を残して、イジメグループは階段から転落。懲りずに葵を裏庭に呼び出すが、返り討ち。手足の関節を外される。というか葵、目には見えない何かと話しているようで気味が悪い。→立夏の記憶が戻る。十夜たち、仰天。黒衣は「わしが消した憶えはない」とのこと。なら新キャラ……新しいメンバーの葵が怪しいよね!→夏休みに入り、みんなでビーチ温泉リゾートへ。スイカ割りをしたりして楽しむ。葵は相変わらず電波的な独り言を言っている。→リゾートは楽しく終了。普通の夏休みに戻り、十夜と黒衣は葵を追及する。場合によっては、「黒衣が喰う」のも持さない構え。→案の定、立夏の記憶を取り戻させたのは葵でしたー。え? 十夜たちが何か言ってるけど、そんなことするんなら立夏に全てぶちまけちゃいますよ? よしわかった、黒衣、喰え。え、ちょっと、止めて下さいってばー! ……あ。パクリ。→黒衣は確かに葵を食べたものの、しかしその時同じく葵宅には葵の姿をしたナニカが。朱音と対峙する。葵に憑りついたナニカは、昔実家の神社の古道具に憑りついていたモノだった。それが今は葵の姿を借りて動いている。→十夜たちは決断していた。もう一度、立夏の記憶を消そうと――。

 あー、まったくもってクソでした。
葵ってなんなの? 憑りついているものの正体は? そしてつまらないくせに続刊引き決定かこの野郎。葵も特に魅力ないからひっぱらなくていいよ。
つーか、犯人は葵だ! って単純思考過ぎるよね。この作者先生の本はみんな新キャラが犯人だと思って読めばいいみたいです☆
っていうか、真白のイジメグループ、懲りろよ。まだ引っ張る気か。真白が絡むと碌なことねえな!
そんでもって十夜の「この前の事件で退魔省からもらった礼金で懐は暖かい」アピールは何度すれば気が済むんだ。別にお前特に活躍してねえだろ。
とことんイライラさせられますね。

 星ですか? もちろん、星1つ★☆☆☆☆、地雷です。
作家先生は尻にアポロでも詰めて書くといいと思うよ!

posted by mukudori at 20:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする