2013年12月18日

魔王と姫と叡智の書 01巻/霜野 おつかい

魔王と姫と叡智の書 (GA文庫)魔王と姫と叡智の書 (GA文庫)
霜野 おつかい Syroh

SBクリエイティブ 2013-12-16
売り上げランキング : 2877

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


魔王と姫と卑猥図書

 ディー・トロヴァトーレ・ニュクテリス――またの名を、『魔王』。平和主義な彼の城に、側近のレクトールはよく気を利かせて、いろいろなところから姫を攫ってきた。だがディーは手を出さない。しかし今回の東の国の姫であるアンジェ・レ・グラントリカはいままでの姫とは一味違い!? 第5回GA文庫大賞奨励賞受賞作!


 うわ、うっす……(絶句)。
「何が?」と訊かれたら、「この本自体と本の内容ですよ!」と答えます。
アレでしょうか。姫が同人誌(通称:薄い本)を作るから中身も薄く、ページ数も薄くって? あはは、やだなー担当さん。冗談はエイプリル・フールの時にだけやってくださいよ(真顔)。
普通の魔王・姫の物語に、「エロ同人誌」という要素を組み込んだだけでストーリーが出来上がっていて、そのインパクトだけで受賞したんじゃないでしょうか。
 あと、表紙イラストがおかしい
魔王が姫をお姫さま抱っこしてるのに、なんで姫の尻が見えてるんだよ。スカートが異次元空間です。

 ネタバレあらすじー。今回、書くこと少ないです。
 魔王の下に新しい姫が攫われてくる。暇だったので姫を見に行くと、スケッチブックを持っていた。その絵を見せてもらうと、汁だくな絵と同人誌。姫はそういうのが大好きな子だと伝わる。→魔王城で姫は優雅に原稿三昧。魔王もアシスタントにされる。「触手をスケッチしたいんです!」という願いも叶えてあげたりと、マイペースな姫に魔王は振り回される。→ある日、姫の描いた普通の風景画を見せてもらうと普通に上手かったので「なんであんなエロい絵ばっかり描いてるんだ? お前の趣味がわからん」と訊くと、「私は『姫』だから、何を書いてもちやほやされるんです。でも実際匿名でネットにアップしても大した反応はもらえませんでした。でもエロ絵は男性諸君のリビドーに訴えかけるので、本能である真実の叫びを見せてもらえるんです!」と言う。魔王はそれがまた理解出来なくて喧嘩ムードに。→翌日、姫を助けに勇者(女)がやってくる。姫をまた攫いに行こうか行かまいか考えているところに、魔王の側近であり姫のネトゲー仲間であるレクトールが「魔王さま、これを」……と、パスワード付きの姫のブログを見せてくる。そこには「あーん、合宿所の家主さん(魔王のこと)と喧嘩しちゃったよ〜。『なんでエッチな絵を描くんだ?』って言われても反論出来なかった! 私のアイデンティティはそこにしか無いのに〜。仲直りしたいよ〜」と姫の本音が綴られていた。それを見て姫をまた攫いに行くことにした魔王。魔界の出口付近で勇者と姫を見つける。だがバトルにはならず、魔王の謝罪を姫は受け入れて「私も悪かったです。……もう一度、攫ってくれますか?」と言った。女勇者の下には、実は何度も侵攻に来ているうちに仲良くなって恋人同士になったレクトールが向かい、二組のカップルはラブラブと魔界の空に『魔王さま、お幸せに〜』と弾ける花火を見たのだった。そして姫は最後に、「今度は夏コミの売り子を手伝ってくださいね」と伝えてきた。

 うーん、薄い……。
『魔王と姫』+『エロ同人誌』という一発だけのアイデアを、金箔を作るかのように薄く、うすーく伸ばした感じです。
でもすらすらと30分ぐらいで読めたので星2つ★★☆☆☆かなー。前回の「モンデー」は文章がくどくて読むのが疲れましたので。

posted by mukudori at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | GA文庫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/383021342

この記事へのトラックバック