2012年12月25日

ヘルズキッチン/天道 グミ 西村 ミツル

 ハロー、みんな! mukudoriお兄さん&お姉さんだよ! 世の中のリア充カップルどもに恨みつらみの呪言を送る日であるクリスマス……ならぬ「苦しみます」の今日このごろ、いかがおすごしかな?
今日は久しぶりにオススメ漫画の更新だ!
 ところで告知だよー
12/31〜01/03までの4日間、連続更新しちゃうぜ!
中身は見てのお楽しみ! こりゃあ通わない訳にはいかねえぜ! 一人寂しく年末年始を過ごす貴方も、家族とワイワイ過ごす貴女も、mukudoriお兄さん&お姉さんと一緒に過ごそうぜ! 君は一人じゃない!
……ということでお楽しみに〜。
ヘルズキッチン(1) (ライバルコミックス)ヘルズキッチン(1) (ライバルコミックス)
天道 グミ 西村 ミツル

講談社 2010-10-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


この世に食せぬものなど無いのだから!

 中学三年生の守屋悟は、進路に悩む普通の学生だ。だがそんな悟の前に、「地獄の悪食伯爵」を名乗るドグマという男がやって来た。なんでも、この世で一番の珍味は「最高の料理人の魂」でそれに見合うだけの器を持った悟を育て上げて食べようとのこと。果たして悟は一流の料理人になり、ドグマに喰われてしまうのだろうか――!? 元料理人の料理監修者が贈る、学園料理コメディ!


 これ、1巻だけ立ち読み用に開けてある本屋で読んだんですが、超面白かったです。
思わずその場で大人買い……は手持ちのお金が無かったのでしなかったんですが、家に帰ってネット通販で大人買いしました。
そしたら嬉しいことになんと全巻初版のクリアカバー付き! ひゃっはー!

 ちなみにこれの掲載誌の講談社の「月刊少年ライバル」は……みなさんあんまり耳にされたことはないでしょうね……。私もこれに出会うまではそうでした。近所のTUTAYAに至っては入荷すらされてなかったぜ! ……orz

 話の上のあらすじみたいに単純……かと思いきや、結構料理を絡めた人間関係が複雑なんです。
 舞台は「国立食農高等専門学校」――通称「食専」と呼ばれる料理の学校なんですが……何故か中学生の悟が編入出来てたり、修学旅行がおかしな時期にあったりしてこの辺はちょっと瑕疵が見受けられますなー。
 登場人物紹介ー。
悟……主人公。ドグマに料理人としての魂を育成されている。最初の料理からその片鱗は見せていたものの、7巻辺りから本格的に自ら望んで料理をしたがるようになる。
ドグマ……地獄の悪食伯爵。悟との関係はネウロとヤコのようなもの。いや、マジでそうなんですって。実体化も出来るよ!
 以下、食専の調理学部の面々。
立花……超嗅覚の持ち主。悟のことを友達……ではなく、ライバルに近いものだと思っている。しかし、悟がドグマのことを隠したことで心の行き違いがあり、応用生物学部の教授にかどわかされる。
半井……講師も認める天才料理人。悟のことをライバルと認める。
森崎……悟のいい友達。出会った初っ端から悟にこてんぱんにされて目覚める友情。
エレ……悟に出会ったことで自分の腕に自信をつけるチャーハン娘。悟にほのかな恋心?
サガネ……さっきゅん(悟のこと)LOVELOVE! な危ない包丁女。
松尾……ワシにとってうどんはソウルフードじゃけえ! な四国出身のお婆ちゃんっ子。
レヴィ……モテたいからこそお菓子を作る! な下心満載パティシエ。
雲居先輩……寮での悟と同室の先輩。常にカニを食べていて、血液を舐めて客の体調を把握したりしている奇行が見受けられるが、陰陽や五行を料理に取り入れたその実力は本物。
 ……などなど。
……という個性的な生徒たちが織り成す学園調理戦争コメディ(あれ? さっきと微妙に紹介変わってない?)です。

 料理描写が現実的で、読んでいてお腹が空いてくるんですよね。卵白に酢を入れると泡立ちの持ちが良くなる、とかは今度使ってみようかと思いました。
さーてそんなmukudoriお兄さん&お姉さんの食べたい料理ベスト3はこれだ!
3位、冷たくてあったかいスフレ!(1巻)おーっと、mukudoriお姉さんの女子力アピールだー!
2位、残り物を使った普通のハンバーグ!(1巻)mukudoriお兄さんも負けじと肉食アピールだー!
そして1位、爆音餃子!(7巻) これにはmukudoriお兄さん&お姉さん、両方ともよだれがじゅるり。まあこれは正確にはレーションであって料理ではないんですが……。本当に食べたい1位なら農学部のナオさんの作った普通のおにぎりですね。あっ、「腹減ってたからじゃね?」というツッコミは野暮だぜ!

 ともかく、物語完結前に月刊少年ライバルの休刊or廃刊が懸念されますが……3月発売の9巻、楽しみにしていますぜ、天道先生&西村先生!
星5つ★★★★★、超オススメです!

posted by mukudori at 20:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。